1. トップページ
  2.  > 業務案内

建物に関するお悩み・ご相談

建築事務所ってどんなところ?

どんな事をしているの?
一般の人を相手にすることもあるの?

お客さまと一緒に、お客さまの理想とする家の説明書を具体的に作っているようなところです。

設計事務所は「建物の説明書を描くようなところ」と考えます。
家を建てたいとお考えの方であれば、どなたでもご相談に乗ります。
何か製品を買うと取扱説明書が同封されていて、製品の仕様や使い方が詳しく書かれていますよね。設計事務所とは、建物の仕様や使い方が具体的に描かれた「建物の説明書」つまり「図面」をお客さま(建て主さん)と一緒に創っているようなところなのです。
お客さまが想い描いている家の形を、専門知識を活用させ具体的に図面に描いていきます。 かっこよく言えば、お客さまの夢を実現するための設計図を描いている、それが設計事務所のお仕事なのです。
すでにあるものの中から「理想の家を探す」のもステキな事ですが、「理想の家を造る」ことは、自分の住む家をより詳しく理解できるだけでなく、一から建て主さんにも携わってもらうことで家にとても愛着がわくと考えます。
あとは各種申請手続きを行い、工事が始まった後も手抜き工事がないかチェックする工事監理も設計事務所で行っています。

設計事務所に頼むと高い?

設計料ってどういう計算?
やっぱり相談する分、お値段も高いの?

施主が建物の規模・素材を自由に選ぶ事で、設計料もカスタムできるというわけ。

設計事務所は敷居が高く値段が高そうでしょうか?いいえ、むしろ設計事務所こそ、お客さま一人一人にとって適正な料金で、一番希望に近い家を建てる事のできる場所なのです。
設計料は一般的に総工事費の10%と言いますが、家の設計を一からするという事は、「設計料も設計できる」ということなのです。
もちろんハウスメーカーや工務店に依頼しても、設計料は工事費に含まれています。
総工事費とは、材料費、工事費、図面制作費などが含まれますが、使用する木材が高級な木材か、そうではないかによっても総工事費は大きく変わりますし、どの工事業者を選ぶかも大切なポイントです。
私達は設計・監理のプロです。お客さまにあった材料や、入札によって工事業者を選ぶなど、お客さまにとって適正な価格で工事契約が出来るようお手伝い致します。

「この規模の建物なら○○万円かかる。」と言われたお客さまでも、設計事務所のプロの手にかかれば、部分的な仕様を変えたり、工事業者を選び直して、経費の削減をすることもできるのです。工事が始まった後でも、間違いが無いか、私達は最後まで監督します。一つの業者に任せるのとは違い、設計事務所とはこういった役割を果たすところでもあるのです。

工務店・ハウスメーカーとの違いって?

設計事務所は第三者的立場であり、クライアントの代弁者である。

家を建てる場合、建て主が工務店やハウスメーカーなどの工事も請け負うところに依頼されれば家は建ちます。では設計事務所とはなんなのか?
家を建てるというのはとても専門的な事柄を多く含みます。基礎とはどんなものなのか、なぜ必要なのか・・・以前話題になった構造偽装問題なんかでも、鉄筋量が少ない。大変なことだ。なんてことがありましたが、では十分な鉄筋量ってどれだけなの?そもそも鉄筋ってなぜ必要なの?・・・基礎だけでも謎だらけです。
よほどのことがない限り、工事をされる会社も誇りを持って仕事をなされているので、心配ないかと思いますが、建築の世界にも法律というものは存在します。できた建物が実は違反建築だったなんてこともない話ではないでしょう。
建築士は日々改正されていく法律のことはもちろん、建築のさまざまな知識を備えたプロです。その法律を逆手に取った悪徳業者がいることもまた事実です。
図面作成の段階からクライアントの想いをサポートし、工事中も現場監理を行い適切な工事が行われているか視ていきます。

工事現場でクライアントからみると何気ないことでも、建築士からみるとおかしな点に気づけます。もちろん工事中の打ち合わせでもクライアントと施工業者とわれわれとで行います。
ゆー空間は家ができるまで、そしてできた後も安心してお施主様に暮らしていって頂けるようサポートしていくことをモットーとしております。

ページトップ